歯茎が腫れた時、三つの応急処置をご紹介します

歯茎が腫れたときは、歯医者に相談する必要があります。でも、歯医者のところへすぐに行けないときがあるならどうしますか?そんなときのために、三つの応急処置をご紹介します。

安静にして冷やす

歯茎の腫れは細菌が原因になっていることがほとんどがあります。疲れているときや寝不足のときは、最近を体外に出せずに膿がたまりやすくなっていますから。歯茎が腫れたの応急処置は、まず安静にして体を休めてください。落ちて抵抗力を回復するため、できるだけ栄養のあるものを食べる必要があります。食べることができないほど痛みがあるときは、高カロリーのゼリーなどを食べておきましょう。痛みが強いときは、ぬれタオルや冷えピタなどで冷やしてみてください。冷やすことで腫れや痛みを抑えることができます。

市販の痛み止めを飲む

痛みで何も食べることができない状態があったら、体力が低下して腫れはさらにひどくなってしまいます。痛みを我慢しないで、市販の痛み止めを飲みましょう。

もう一つの応急処置は治療後の痛み止めにロキソニンが処方されることが多くなっています。このロキソニンと同じ成分の市販薬にロキソニンSがあり、歯茎が腫れたときの痛みを治すために効果があります。無理をしないで、薬を飲んで体をラクにしてあげましょう。

歯ブラシとうがい薬で口の中を清潔に

歯茎の腫れは細菌が原因になっていることが多いから、口の中を清潔にする必要があります。でも、腫れがひどいときに固めの歯ブラシでみがくと、歯茎を傷つけてしまう原因になるです。腫れがあるときは柔らかめの歯ブラシで優しくみがくようにしてください。

また、うがい薬を使って口の中を消毒するのも効果もできます。イソジンやコンクールなど、殺菌作用が強く刺激が少ないうがい薬がよいでしょう。