歯ぎしりによって起こる症状

1.噛むと痛い

歯ぎしりによって歯の周りにある歯根膜が炎症を起こし、噛むと痛くなります。

歯ぎしりは長時間続くと、歯や歯の周りの組織に悪影響を与えます。特に奥歯が噛んで痛い、上も下も痛いなど、

特定できない痛みの位置が変わる時は、虫歯ではなく歯ぎしりによって痛みが出ている可能性があります。

2.歯がしみる

歯ぎしりによって歯や歯茎にダメージが加わると歯がしみることがあります。歯ぎしりで歯の根元や噛む面が削れてきたり、

歯に亀裂が入ると歯のしみが強くなります。

3.歯が痛い

歯ぎしりによって歯に亀裂が入り、神経が死んでしまうことがあります。歯に亀裂が入ると、そこから細菌が神経に感染し、死んでしまうことがあります。

初期の頃はしみたり、多少噛んでも痛い程度で、その後強い痛みが出ることがあります。ただし、歯医者のレントゲンでは小さな亀裂を確認することはできないため、

急に痛みが出ることがあります。

4.歯のセラミックが割れる

歯ぎしりによって歯に強い力がかかると歯のセラミックの詰め物やかぶせものが割れることがあります。

セラミックは噛み合う歯を傷つけないように、歯と同じか少し固めのセラミックを使うことが多いです。

歯ぎしりがあると歯に強い力が加わり、セラミックが割れたり欠けたりします。しかし、あまり固いセラミックを使うと噛み合う歯が欠けたり、

歯を支えている骨にダメージが加わることがあるため、歯ぎしり自体をコントロールする必要があります。

5.顎が痛い

歯ぎしりによって顎関節症になり顎が痛くなることがあります。顎は左右の関節の部分だけで頭の骨とつながっています。

歯ぎしりによって顎の関節に力が加わると顎の関節にある軟骨の関節円板がずれたり、穴が空いたり、変形したりして顎関節症になり顎が痛くなります。

6.顔が大きくなる

歯ぎしりの時に使う筋肉は顔の周りに付いている筋肉です。歯ぎしりがある方はこの筋肉が発達し、顔がおおきくみえてしまうことがあります。

食いしばりを続けていくと異常が出て、筋肉や骨を成長させて顔を大きく見せてしまうことがあります。