歯の腫れ止める方法をご紹介!

虫歯がある場合は、腫れや痛みが絶対にありますよね。では、当サイトでは、歯の腫れ止め方についてご紹介いたします。全部自宅で、自分で行うことができる方法ですので、ぜひご参考になってください。

歯茎の腫れは痛みも少なく、時間が経つと治まってしまうこともあり、そのままにされている方も多いのではないでしょうか。当サイトでは、歯や、また虫歯が急に腫れる状態になったら、腫れ止める方法についてご紹介いたします。どうぞご参考になってください。

一番目の方法は、腫れが強いときは冷やしてください。腫れが強く自分でさわっても判るくらい腫れているようであれば、ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やします。冷やすことによって腫れを抑えることができます。腫れている部分には膿が溜まっていることが多く、そのままにしておくと痛みが強くなってきます。

二つ目の方法は、柔らかい歯ブラシで磨いてください。歯茎が腫れているときに歯磨きを頑張りすぎてしまうと、逆に歯茎を傷つけてしまい、腫れが強くなってしまうことがあります。腫れが強いときは柔らかい歯ブラシで磨き、腫れが引いてきたら普通の固さの歯磨きで磨くようにしてください。

三番目は、うがい薬で口の中を消毒してください。虫歯が腫れる原因は、病菌があるからのです。だから、よくうがい薬で、口の中を消毒してください。

四番目の方法は、口の中の清潔を守ってください。歯茎の腫れは細菌が原因になっていることが多いため、口の中を清潔にする必要があります。しかし、腫れがひどいときに固めの歯ブラシでみがくと、歯茎を傷つけてしまう原因になるでしょう。腫れがあるときは柔らかめの歯ブラシで優しくみがくようにしてください。

五番目の方法は、よく休憩するという方法です。だから、歯の腫れる状態になったら、よく精力回復してください!歯茎の腫れは疲れていたり、寝不足であったり体の調子が悪いときに起こります。体の抵抗力が落ちているため、体が細菌を外に出せずに膿を溜めてしまいます。腫れが強く、食事がとれない時は高カロリーのゼリーなどを食べ、安静にし体力を回復してください。

六番目の方法は、市販の腫れ止め薬を飲むことです。市販の腫れ止め薬は非常に有効で、早く効果が出来る治療方法ですので、ぜひお試してみてください。

本文は主に虫歯の腫れ止め方法をご紹介いたしました。でも、やはり最も重要なのは、日常生活で歯をよく保護することですよね。

オススメ:ジェネリック薬購入|海外医薬品通販・JPDrug